2017年11月15日水曜日

防災フェスタ

11月12日(日)防災フェスタが開催されました。


体育館では搬送方法の訓練や
AED訓練がありました。
煙体験
水消火器訓練

簡易トイレやテントの展示コーナー
消防服を着用して記念撮影
申し込み時に希望した子どもたちは、はしご車に試乗できました。

福岡ではあまりなじみのない防災頭巾の展示。
通常は座布団として使用できます。
グッズや非常食の試食の展示もありました。
こんなのがあると知っているだけでも心の支えになります。
パンフレットなど希望の方は東吉塚会館にご連絡ください。
男女共同参画部会委員手作りの豚汁とおにぎりを配布。
育成部会のお手伝いもありました。
いい天気だったので、外で食べる方が多かったです。
関係者合わせて331名の参加でした。
博多消防署、博多消防団吉塚分団のみなさま
ありがとうございました。

2017年11月12日日曜日

卓球バレー教室

卓球バレー教室。
卓球台を使ったニュースポーツです。
ご参加お待ちしています。

11月19日(日)
9時30分~受付 10時~開始
場所/東吉塚公民館

2017年11月9日木曜日

ふれあいネットワーク研修

11月5日(日)ふれあいネットワーク研修をおこないました。

前回の振り返りのあと、1月に作成した町内ごとの見守りマップの更新をしました。
本人からの同意を得て作成された「避難行動要支援者名簿」を参照し、地図にオレンジのシールを貼ります。
 

町内会長と民生委員は水色のマーカー、気になっている人・心配な人は黄色のマーカーで記入していきます。
その後、グループワークで、なかなか見えずらい活動のふれあいネットワーク活動をおこなっている中で、気になること・困っていることを出し合いました。
ふれあいネットワーク活動について、現状や課題を出した後、解決策を出し合って、付箋に書いて、模造紙に貼っていきます。
グループごとに出た話を発表します。
認知症(若年性認知症)が増えていて、本人も家族も隠したがる傾向にあるため、対応が遅れてしまうという問題やボランティアの新たな担い手がいないという問題が挙げられました。 
認知症を知ることから始めてはどうかという解決策が出て、来年度は
「認知症サポーター養成講座」を入れてみては?ということになりました。
今回は、自治会長、民生委員の20名の参加でしたが、今回出た解決策を基に、テーマ別に研修をおこなっていこう、という来年度へ向けての計画もできた有意義な研修会となりました。

博多区社会福祉協議会 事務局次長 山本さま、博多区地域保健福祉課 主査 牟田さま
城南区社会福祉協議会 大倉さま、そして博多区社会福祉協議会 校区担当 松本さま
いつもありがとうございます。
 
気になる方が近くにいた時に「つなぐ」ための関係機関やサービス

 ※画像クリックで拡大します。

2017年11月8日水曜日

11月のことば


   日帰り研修で星野村へ行ってきました。
紅葉し始めた山々に四季の移り変わりを目と肌で感じ、
いつも機体の文字が読めるほどの真上を飛んでいく
飛行機の騒音と生活している私達にとって
一時の安らぎと幸せな時間でした。
良い国に生まれた事を感謝いたしました。

でもでも、私は東吉塚が大好きです。新幹線の音、飛行機の騒音、
人のざわめき、「生きている日常を感じさせてくれる町」は
私にとって最高です。皆さんも自分達の町を好きでいて下さいね。
感   謝
              東吉塚校区自治協議会
              会長 マーばあちゃん




◆11月の行事予定◆
11月5日(日)ふれあいネットワーク研修 10時~ 東吉塚会館 【社会福祉協議会】
11月11日(土)吉塚中学校 成人教育講演会 10時45分~ 吉塚中学校
                      講師:陣川桂三さん
11月11日(土)東吉塚小学校学校公開日 8時30分~12時 親子学習、自由参観
11月12日(日)防災フェスタ 8時30分から受付開始 9時45分~開会 東吉塚小学校
11月13日(月)、14日(火)東吉塚小学校学校公開日 8時30分~下校まで 自由参観
     ※受付は正面玄関となっております。お名前のご記入をお願いします。
11月18日(土)自治協議会委員会 19時~  東吉塚会館
11月19日(日)卓球バレー教室 9時30分~受付 東吉塚公民館
11月23日(木)高齢者ふれあい会食会 11時~受付 東吉塚会館 【社会福祉協議会】
11月26日(日)美化運動 9時~ 東吉塚会館集合

2017年11月7日火曜日

男女共委員研修

11月5日(日)男女共同参画部会委員研修でハクハクに参加者21人で行きました。
11月3日~9日(さんかく)は、「みんなで参画ウィーク(福岡市男女共同参画週間)」です。
公民館を出発して、歩いて向かいます。

博多の食と文化の博物館「ハクハク」へ到着し、まずは、講演会。
講師は、株式会社ふくや 支援部 人事課 山中嵩彦さん

株式会社ふくやでは、平成4年に育児休業制度を導入しましたが、平成9年に初の取得者がありました。取得する人がでるまで、5年かかったということです。
復帰後に選べる6つの勤務体系を整備し、社長自ら声かけし、浸透していったそうです。
取得推進のきっかけは、男女共同参画を意識してというよりは「必要に迫られて」ということでした。必要に迫られたからこそ、働く側の目線に立った勤務体系が整ったのでしょう。いまでは、みなさんあたりまえに育児休業を取得するようになり、女性正社員も増えました。参観日などは、勤務時間内で参加してもよいそうです。とても助かりますね。

他にも、PTA 役員や地域の役員、スポーツ指導者などには、手当が支給されたり、
会合へは勤務時間内に参加してもよいなど、地域貢献にも力を入れています。
創業者の地域貢献の意思が残されているそうです。

参加の男女共の委員さんの中にも、小学生のお子さんがいる働くお母さんがいます。どの職場でも人手不足と残業時間の問題や女性の雇用については悩みのタネのようで、質問もとびだしましたが、真摯に答えてくださいました。

講演会の後は、工場見学をさせていただきました。
人の手と目でやらないといけないこと、機械でやれることがきっちり住み分けされていました。

結構、本気になる!360g~370gになるように計量するゲーム

ふくやのゆるキャラ かわりみ千兵衛さん
【福岡の街をこよなく愛する博多商人。福岡への地域貢献を含め、日々、福岡を笑顔でいっぱいにし、福岡から全国へ元気と笑顔を広めて行こう!とがんばっています。お菓子作りの職人でもあり、年齢は「ひみつ」。記念撮影やダンス、散歩が大好きで福岡のいろいろなところを巡っては、その魅力を楽しく伝えています。】

みんなで研修を受け、ショップで試食や買い物も楽しみました。
ハクハクの館長さま、講師の山中さま、お世話になりました。




2017年11月2日木曜日

防災フェスタ


自治協議会日帰りバス研修

10月29日(日)自治協議会日帰りバス研修に行きました。
行先は八女、星野村。
初めに、吉塚の名前の由来となった星野吉実・吉兼兄弟と所縁のある星野家菩提寺の大円寺を訪ね、お話を伺いました。
八女市星野村 大円寺

みんな真剣に話を聞いていました。
資料を用意してくださったり、おいしい八女茶やお菓子をいただきました。
ありがとうございました。

星の文化館では、特別プログラムでプラネタリウムを鑑賞。
リクライニングシートでいい気持になりながら星と宇宙を学びました。

待ちに待ったお昼ごはんは、料亭扇屋さん。
おいしくいただきました(^^)

立花ワイン工場見学。
立花町特産のキウイフルーツのワインやあまおうのワインを試飲し、お買い物。
お茶が原料のお酒「緑の雫」と、さとうきびが原料のお酒「さとうきびの詩」も珍しいお酒です。

最後に道の駅たちばなで、買い物をして帰途につきました。




ワイン工場での記念撮影

帰りのバス中は、カラオケ大会で盛り上がりました。
お疲れさまでした(^^)